FC2ブログ
プロフィール

niroak

Author:niroak
東京在住。

2012年9月26日
乳がんステージIIb告知

2012年12月25日
ステージIIIaで術前化学療法開始(FEC100 X 4回)

2013年4月22日
右乳房切除術(全摘)
腋窩リンパ節郭清(レベル1)
同時再建(エキスパンダー挿入)手術

2013年5月8日
ホルモン療法(タモキシフェン)開始

2013年9月1日
ホルモン療法中断

2014年4月18日
右乳房再建手術(インプラント入替)

2014年11月20日
乳頭移植形成手術

2018年4月13日
腋窩リンパ節再発

2018年5月28日
腋窩リンパ節郭清

乳房再建も終了し、無治療で迎えた術後5年検診で再発発覚。

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Day 916 - Day 917 - Day 918 - Day 919 - Day 920 - Day 921 - Day 922

2015年4月3日
術後2年目の定期検診。検査結果は異常なく、次回の診察は6ヶ月後。医療費は220円。

半年ぶりの診察で先週の検査結果を聞きに行ったら、先生は診察だけと思って検査を入れたことを忘れててこっちからリマインド(苦笑)。先生、2年経ったんですけどー。で、検査の結果はというと、超音波ではリンパ節が少し腫れているとのこと。でも先生が言うには、このくらいなら問題ないそう。再建手術の影響があったとも考えられるみたいだけど。あとは、CTも触診も血液検査も異常なし。ただ、ホルモンの数値は1年半前より少し上昇していて、完全に閉経していないけど閉経期にあるらしい。参考までに腫瘍マーカーとホルモンの数値の推移を見てみると、

<腫瘍マーカー>
CEA - 基準値は5.0ng/ml以下
1.4(2015年3月)
1.4(2013年11月)
1.5(2013年8月)
2.2(2013年4月術前化学療法後)

CA15-3 - 基準値は25.0U/ml以下
9.9(2015年3月)
5.7(2013年11月)
6.2(2013年8月)
11.4(2013年4月術前化学療法後)

<女性ホルモン>
FSH(卵胞刺激ホルモン)- 更年期の基準値は30.0mlU以上
100.82(2015年3月)
106.8(2013年11月)
73.4(2013年8月)

E2(エストロゲン/卵胞ホルモン)- 更年期の基準値は30.0pg/ml以下
32(2015年3月)
10(2013年11月)
80(2013年8月)

基準値なので問題ないけど、CA15-3が微妙に上昇していて、これはホルモンの数値上昇と関係があるのかないのか。ところで、今回は先生が何も言わないのでホルモン療法のことを聞いてみたら、さすがにもう勧めるのはあきらめたそう。でも再開する気になったらいつでも言ってだって(笑)。

これはこれでいいとして、血液検査でちょっと気になったのが、多少ながらも基準値を外れている項目が何個もあること。総ビリルビンがけっこう高くて、赤血球とヘモグロビンを見ると基準値上限まで数値が急上昇してる。あとは、総コレステロールと善玉コレステロールも上限を超えていて、でも中性脂肪は低いという結果。うーん、それなりに食事には気をつけているつもりだけど、やっぱりもう少しスイーツを制限したほうがよさそう...。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
にほんブログ村
お役立ちグッズ
ブロとも申請フォーム