FC2ブログ
プロフィール

niroak

Author:niroak
東京在住。

2012年9月26日
乳がんステージIIb告知

2012年12月25日
ステージIIIaで術前化学療法開始(FEC100 X 4回)

2013年4月22日
右乳房切除術(全摘)
腋窩リンパ節郭清(レベル1)
同時再建(エキスパンダー挿入)手術

2013年5月8日
ホルモン療法(タモキシフェン)開始

2013年9月1日
ホルモン療法中断

2014年4月18日
右乳房再建手術(インプラント入替)

2014年11月20日
乳頭移植形成手術

2018年4月13日
腋窩リンパ節再発

2018年5月28日
腋窩リンパ節郭清

乳房再建も終了し、無治療で迎えた術後5年検診で再発発覚。

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Day 596 - Day 597 - Day 598 - Day 599

早いような、そうでもないようなってかんじで再建手術から4週間経過。どれだけ腫れていたかは特に赤みがあったわけでもないのでよくわからないけど、徐々にサイズダウンしているのはわかるので、腫れが引いてきたって言えるのかな。再建側はエキスパンダーで伸ばされた皮膚がシリコン入替えでそのサイズに合わせて縮んだというのか、結局無理に伸ばした皮膚は脂肪とかの中身がなければ元に戻るみたい。つまり、ゴムのように伸び縮みするかんじ。このことはナグモクリニックの南雲先生の本に書いてあったような気がするので、なんとなくは知ってたけど。というわけで、再建側は皮膚のたるみがなく、シリコンが胸にピッタリくっついていて、ある意味お人形とかマネキンの胸っぽい。バンザイしてもほとんど動きません(笑)。まあ、これはこれでいいんだけど、乳房の特に下側を触るとひんやりしたかんじがすることが多く、こっちのほうが気になる。これはシリコンが冷たいからとか? ほかの皮膚が温かいのにここだけ冷たいのも変なかんじ。

豊胸側は腫れというか張りも引いてきて、徐々に下垂しているのがわかる。上から見る分には完璧だし、ブラをつけた状態だとわからないけど。でも再建側と比較すると、微妙に外向きっぽい。最初は乳頭まで張っていたのがけっこう柔らかくなって、触ったかんじは自然になってきた。それでもまだ張るかんじは消えないのでマッサージはまだしばらく続ける必要がありそう。

木曜日に区の婦人科検診があったので子宮がん検診を受診したら、これは子宮頸がんしかチェックしないので、乳がん患者は子宮体がんも検査したほうがいいとのこと。今までも子宮頸がんの検診は受けてきたけど、子宮体がんはまだやったことないなー。ホルモン療法の有無に関わらず、子宮体がんもホルモンが原因となる病気なので、乳がんになった人はなる可能性が高くなるそう。じゃあ、こっちも自治体で無料検診やってくれればいいのに。そこまでやると結局税金で負担するから保険が高くなって...まあ、自費で検査しても同じか。とりあえず触診では異常なさそうとのことだったけど。子宮頸がんの検査結果は1ヶ月後にわかるので、その後に検査してみてもいいかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
にほんブログ村
お役立ちグッズ
ブロとも申請フォーム