FC2ブログ
プロフィール

niroak

Author:niroak
東京在住。

2012年9月26日
乳がんステージIIb告知

2012年12月25日
ステージIIIaで術前化学療法開始(FEC100 X 4回)

2013年4月22日
右乳房切除術(全摘)
腋窩リンパ節郭清(レベル1)
同時再建(エキスパンダー挿入)手術

2013年5月8日
ホルモン療法(タモキシフェン)開始

2013年9月1日
ホルモン療法中断

2014年4月18日
右乳房再建手術(インプラント入替)

2014年11月20日
乳頭移植形成手術

2018年4月13日
腋窩リンパ節再発

2018年5月28日
腋窩リンパ節郭清

乳房再建も終了し、無治療で迎えた術後5年検診で再発発覚。

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Day 223 - Day 224

2013年5月8日
術後初めての診察で病理診断結果の説明を受ける。ガン細胞の顔つきを表す核グレードは1で、リンパ節転移はレベル1の21個中1個とのこと。今後の治療についてはホルモン療法とし、タモキシフェンを単独で使用する。医療費は920円、薬代はホルモン薬30日分+腕の痛み止めを合わせて3,380円。

今日は術後16日目。経過は順調だと思いながらも、リンパ節郭清による腕のしびれと痛みはまだ続いてよく眠れないし、なんか不安というか心配というか気になってたので、やっぱり先生に診てもらうとちょっと安心。結局何の問題もなく順調とのこと。腕のしびれと痛みに関しては神経の鎮静剤を出してくれたけど、けっこう長く飲み続けるらしいのがネック。あとは、ホルモン療法も明日からスタート。あー、気が重い。5年ってどう考えても長過ぎでしょー。副作用はほとんどないとか言われたけど、ネットで副作用に悩まされてる人たちの話を読むとどうなのかな〜って思っちゃう。ま、続けられれば続けるからってことは伝えてあるし、とりあえずは様子を見てみよ。

病理診断の結果は意外なほど良かったような。あんなに進行が速かったのに核グレードではおとなしいタイプとか。リンパ節転移も1個だけだったし、それなら郭清しなくてもよかったような気もして。しかもホルモン療法が効果ありのルミナルA型だからもしかして抗がん剤も必要なかったのかも。とは言え、こればっかりは手術してみないとわからないわけだから、結局、術前化学療法を半分で止めて手術をする判断は正しかったし、それで十分かな。
スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
にほんブログ村
お役立ちグッズ
ブロとも申請フォーム