FC2ブログ
プロフィール

niroak

Author:niroak
東京在住。

2012年9月26日
乳がんステージIIb告知

2012年12月25日
ステージIIIaで術前化学療法開始(FEC100 X 4回)

2013年4月22日
右乳房切除術(全摘)
腋窩リンパ節郭清(レベル1)
同時再建(エキスパンダー挿入)手術

2013年5月8日
ホルモン療法(タモキシフェン)開始

2013年9月1日
ホルモン療法中断

2014年4月18日
右乳房再建手術(インプラント入替)

2014年11月20日
乳頭移植形成手術

2018年4月13日
腋窩リンパ節再発

2018年5月28日
腋窩リンパ節郭清

乳房再建も終了し、無治療で迎えた術後5年検診で再発発覚。

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Day 15

2012年10月10日
針生検、CT、PET/CT等の検査結果の説明を受ける。針生検の結果は細胞診と同じで、乳がんとの診断。PETでは腋窩リンパ節以外への転移は発見されず、CTでもリンパ節のみの腫れと乳がん部分に造影剤が確認され、結論としては、「リンパ節への転移があり、進行している乳がんではあるけれど、完治可能」とのこと。また、乳がんのタイプを調べるホルモンレセプターの検査では、エストロゲンレセプターとプロゲステロンレセプターが両方とも陽性のため、ホルモン治療が有効。治療方法に関しては、6ヶ月間の術前化学療法で抗がん剤による治療の後に手術を行い、5週間の放射線治療と5年間のホルモン治療が続くそう。今後の予定は、来週のMRI検査を残すのみ。医療費は210円。

結局、最初の診断と変わりなく「リンパ節転移陽性乳がん」で、早く治療を開始すれば完治可能だそう。なんか、勝手に頭が先走って最悪のパターンばっかり想像してたから、な〜んとなく拍子抜け。とはいえ、これだけでも絶望する人は多いとは思うけど。術前化学療法だって効くか効かないかわからないわけで、効果があればしこりを小さくして乳房温存手術が可能になるかもしれないけど、効果がなければ乳房切除で全摘ってことだし。しかし、手術もそうだけど、もっと気になるのが抗がん剤治療による副作用なんだなー。

それよりも、先生が現れるのを待ってる間にデスクの上に置かれてた検査結果の紙をチラ見したら、「肺転移なし」と「子宮筋腫あり」だって。肺への転移がないのは良いとして、子宮筋腫!? 1月に子宮がん検診受けたらクラス2の陰性だったのに、半年で子宮筋腫までできたってこと?? そのせいか、9月初めからずーっと腰が痛くて、てっきりいつもの腰痛かと思ってたら、もしかして子宮筋腫のせいかもしれないなんて。でも、先生何も言ってなかったっけ。あーあ、40才過ぎると一気にガタが来るようね。
スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
にほんブログ村
お役立ちグッズ
ブロとも申請フォーム