FC2ブログ
プロフィール

niroak

Author:niroak
東京在住。

2012年9月26日
乳がんステージIIb告知

2012年12月25日
ステージIIIaで術前化学療法開始(FEC100 X 4回)

2013年4月22日
右乳房切除術(全摘)
腋窩リンパ節郭清(レベル1)
同時再建(エキスパンダー挿入)手術

2013年5月8日
ホルモン療法(タモキシフェン)開始

2013年9月1日
ホルモン療法中断

2014年4月18日
右乳房再建手術(インプラント入替)

2014年11月20日
乳頭移植形成手術

2018年4月13日
腋窩リンパ節再発

2018年5月28日
腋窩リンパ節郭清

乳房再建も終了し、無治療で迎えた術後5年検診で再発発覚。

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Day 730 - Day 731 - Day 732 - Day 733

2014年9月26日
前回から3ヶ月後の定期検診。触診では異常なく、次回は6ヶ月後に術後2年目の検診を行う。医療費は220円。

乳がんの全摘手術を受けてから1年5ヶ月ちょっと経って、これまでは3ヶ月ごとだった検診が次回からは半年に1回になるみたい。これまでも特に問題はなかったのでもっと早い時期に半年ベースに変更してもよかったのかもしれないけど、再建手術を控えていたからなのかな。その再建もシリコン入れ替えは5ヶ月ちょっと前に終って、あとは11月後半の乳頭移植が済めばいちおう完了で、乳がん治療を始めてから2年でやっとすべてが終わりを迎えるかんじ。「終わり」というのは厳密に言うと正確な表現ではなく、今後も定期検診は続けるけど、気持ち的には治療をしていない限りは終わったことになるし。

とは言え、今回も先生はまたホルモン療法の話をしてきて、治療を止めてから1年以上も経ってるのにがんばるな〜(笑)。いつものように「もう治ったと思ってるんだよね」って笑いながら言うので、こちらも同じ持論を繰り返しておしまい。結局、ホルモン療法でがんは治らないし、あくまでも再発のリスクを低下させるだけで、すでにがん化している細胞を殺すことはできないし、その成長を食い止めるにはあとは食事や生活習慣等で気をつけるしかないということ。先生的には理解不能かもしれないけど、自分としては今回の経験で学ぶべきことは学んだので、それを忘れない限りは再発しないと思ってるし(←前向きな考え)、また病気になったとしてももう乳がんじゃない気がする(←勝手な思い込み)。学んだことというのは乳がんという病気の知識に限らず、物事の考え方、人との接し方、自分の生き方とかを含むいろんなことで、気持ちに余裕を持つことが一番重要なことかも。でも忙しい毎日を過ごしているうちに忘れてしまう可能性もあるし、最近はその傾向があったかなと思ったりもする。

次回は術後2年目となる検診で、超音波やCTなどの一連の検査を行う予定。でもマンモは痛いからやらないと決めたのでやらないけどノープロブレム(笑)。そういえば、今思い出したけど、ちょうど2年前の同じ9月26日に乳がんと告知されたんだっけ。今でもかなりよく覚えてるけど、すごーく遠い昔ってかんじ...。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Day 723 - Day 724 - Day 725 - Day 726

乳房再建手術から5ヶ月経過。生活には何の支障もなく普通に過ごしているけど、なんとなく最近違和感を感じるようになってきた。特に痛みや腫れがあるわけではなく、完全にシリコンがおさまって完成した状態だからなおさら感じるのかもしれないけど、結論としてエキスパンダー挿入時と胸の違和感が変わらないことがちょっと想定外だったなー。もう少し普通の感覚になるかと無意識ながらも期待していたと思うので、胸が突っ張ったりするのがけっこう煩わしい。原因は、腫瘍径が大きくて皮膚の切除が広範囲に及んだことと胸の脂肪が少なかったからだけど、エキスパンダーでいくら伸ばしても皮膚はまたゴムのように縮むので、小さい枕カバーに大きい枕がパンパンに入ってる状態に近いかな。もちろん再建して後悔はないし、見た目的にはほぼ問題ないけど、これが再建した胸だということが最近よくわかってきたかんじ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カレンダー
にほんブログ村
お役立ちグッズ
ブロとも申請フォーム