FC2ブログ
プロフィール

niroak

Author:niroak
東京在住。

2012年9月26日
乳がんステージIIb告知

2012年12月25日
ステージIIIaで術前化学療法開始(FEC100 X 4回)

2013年4月22日
右乳房切除術(全摘)
腋窩リンパ節郭清(レベル1)
同時再建(エキスパンダー挿入)手術

2013年5月8日
ホルモン療法(タモキシフェン)開始

2013年9月1日
ホルモン療法中断

2014年4月18日
右乳房再建手術(インプラント入替)

2014年11月20日
乳頭移植形成手術

2018年4月13日
腋窩リンパ節再発

2018年5月28日
腋窩リンパ節郭清

乳房再建も終了し、無治療で迎えた術後5年検診で再発発覚。

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Day 400 - Day 401

2013年10月31日
エキスパンダーへの生理食塩水の注入4回目。前回より皮膚が伸びたことを確認して40cc注入。ホルモン療法の中断により、胸のサイズが変わる可能性があるため、次回は3ヶ月後に検診して必要に応じて5回目の注入を行う。

台風のため先週末に入れてた予約をずらしたので、前回からほぼ2ヶ月半ぶりにブレストサージャリークリニックを訪問。今回も前回と同じく生理食塩水40ccを注入して、また胸がパンパンに張ってるー。見た目はそれほど変化ないけど、ブラがキツくて痛い〜。ホルモン療法を止めると乳腺が発達して胸が大きくなる可能性があるので、次回は手術してない胸のサイズを見てシリコンのサイズを決めることになりそう。3ヶ月でどのくらいの変化があるかちょっと楽しみだけど、逆にぜんぜん胸が大きくならなかったら悲しいかもー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Day 390

乳房再建でこれまで自由診療扱いだった人工乳房(インプラント)は、今年の7月1日からやっと保険が適用されるようになったけど、保険適用の対象となったタイプ(形状がラウンド=おわん型で内容物がジェルタイプ)はちょっと期待はずれで、現在よく使われているタイプ(形状がアナトミカル=しずく型で内容物がコヒーシブタイプ)と比較すると形状と安全性で劣るとのこと。でも、また新しいタイプが保険適用の対象となるそう。おそらく7月から使用されるようになったタイプで、形状がアナトミカル=しずく型なのかな。こっちのほうが胸が自然な形になるらしい。安全性についても気になるけど、来週クリニックに行ったらもうちょっと詳しい話がわかるかも。

がんナビ:しずく形のゲル充填人工乳房が製造販売承認取得

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Day 388 - Day 389

最近は乳房再建のことをほとんど忘れていて、来週クリニックに行くことを思い出したので久々に写真を撮ってみた。前回が乳がん手術後4ヶ月で、今回は術後ほぼ半年の状態。

1019BR.jpg

最後に生理食塩水を注入してから約2ヶ月経つし、少しは皮膚が伸びたけど、さすがにもう限界に近づいているような気がする。傷跡は触ったかんじではもうわからないくらいだけど、赤みは薄くなってもまだ取れなくて、でもドレーンの傷はかなり目立たなくなってきたかな。ちなみに左胸はホルモン療法止めて1ヶ月半経っても変化なく、相変わらず貧弱なまま。生理がまた始まるまではこのままってことかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カレンダー
にほんブログ村
お役立ちグッズ
ブロとも申請フォーム